Home

ハリー ポッター 映画 あらすじ

第2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(年) 3. ハリー ポッター 映画 あらすじ 8月12日。ハリーはロンの父・アーサーに連れられて、魔法省に行きます。ハリーの裁判が開かれるからです。 来客用入口は、マグル界の公衆電話でした。そこにコインを入れると千夏にある魔法省に移動します。 法廷に立たされたハリーは、魔法省の大臣たちに詰め寄られますが、ダンブルドア校長がハリーの擁護に現れました。 吸魂鬼(ディメンター)が現れたのを目撃した人物・フィッグがいると言います。フィッグさんはハリーの近所に住む初老の女性で、騒動の時にもハリーの元に来てくれていました。 結果、ハリーは無罪放免となり、退学処分も取り消されます。 新学期へ向かうハリーをブラックが見送ると、初代騎士団の写真をくれました。そこにはハリーの両親も写っています。 行きの列車の中で、ハリーはヴォルデモートの夢を見ました。ヴォルデモートが復活してから、ハリーは夢にヴォルデモートを見るようになっています。 列車から学校までの移動手段で、馬車を曳くドラゴンが見えると言ったハリーは、周囲から嘘つき呼ばわりされました。ただひとり「あたしにも見える」と言ってくれたのは、ルーナ・ラブグッドという同級生の少女です。 後にルーナはその理由を、「死を見た人にだけ見られるのではないか」と言いました。ルーナは9歳の時、母親を亡くしているのです。 魔法生物の先生をしていたハグリッドは任を解かれ、元の森番に戻っていました。しかしどこかに出かけています。 闇の魔術の先生は、魔法省から派遣された女性ローレス・アンブリッジが就きます。 これは実質的に、魔法省がこれからホグワーツの学校に干渉してくることを意味していました。 同級生たちは新聞に書かれたことを信じ、ハリーを嘘つきだと思っていました。ヴォルデモートを見たのはハリーしかいないので、証明する術もありません。 眠るとヴォルデモートの悪夢にうなされ、同級生から冷たい目にさらされるハリーを、ロンが心配します。同室なのでハリーが毎晩うなされるのを、よく知っているのです。 今年度はOWL(ふくろう 普通レベル魔法試験)の試験が開催されると言ったアンブリッジは、防衛術の理論のみを学び、実技を行なわないという授業スタイルを取りました。 「実技などしなくても、襲われる心配などない」と言い放ちます。 ハリーが反論したので、呼び出しを食らいました。特別な羽根ペンで「嘘はいけない」と書くよう命. WB SHIELD: ハリー ポッター 映画 あらすじ (c) & (TM) WBEI. 意地悪な叔父家族のもとで生活していたハリーに、ある日ホグワーツ魔法魔術学校の入学案内が届きます。 何も知らされず育ったハリーは初めて、自分が魔法使いであることを知ります。 そして同時に、闇の魔法使い・ヴォルデモートに両親を殺害されたことや、ヴォルデモートに襲われたなかで唯一生き残ったのがハリーであることを知らされます。 同学年のロンやハーマイオニーらと出会い、楽しい学校生活を送る半面、ヴォルデモートの魔の手がゆっくりとハリーを狙っていました。 ホグワーツに隠された、不老不死のもと「賢者の石」を狙う怪しい2人の教師(クィレル先生とスネイプ先生)を目撃したハリーたち。 犯人はクィレル先生でしたが、クィレル先生の体にはヴォルデモートが憑依していたのです。 ハリーに触れたクィレル先生は火傷を負って死亡。 ヴォルデモートは賢者の石を獲得できず、霊体のまま消えていきました。. 第6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(年) 7. 第6巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス 上巻&下巻』(年) 7. 最新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』も公開され、「ハリーポッターの映画ブーム再び!」という感じですね。 なので今日は『ハリーb・ポッター』と『ファンタスティック・ビースト』の各あらすじと時系列をまとめておきます。これからハリーポッターの映画を見る人だけでなく、もう1度ハリーポッター映画を見返したい人もぜひ参考にしてみてください。 まず、ハリーポッター映画「本編」は全部で8作品。公開年順に並べます。 1. 第3巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(1999年) 4.

第1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』(年) 2. 今作ではネタバレ的なポイントがまだある。 Sponsored Link それはピーターの裏切りによってヴォルデモートにハリーの両親が殺されていたこと、ハリーの名付け主がシリウスだったなどなど. 。 脱獄犯から生徒を守るため、ホグワーツにはアズカバンの看守としてディメンター(吸魂鬼)が駐在するようになります。 しかし、ディメンターは人間の魂を吸い取る闇の生物。 いつハリーたち生徒を襲うかわかりません。 ハリーたちは、ディメンターへの唯一の防衛術である守護霊の呪文「エクスペクト・パトローナム」を教わることになります。 そしてある日、ついにシリウス・ブラックとハリーが出会います。 しかし、そこで告げられた真実は噂とは異なっていました。 ハリーの父親の親友であったシリウス・ブラックは、ハリーの家族を裏切ったことは一度もありませんでした。 真の内通者は、ピーター・ペティグリューという男でした。 ピーター・ペティグリューは死んだとされていましたが、実はネズミに姿を変え、ロンのペットとして生きながらえていたのです。 真相が明かされましたが、ハリーは逃げ出したピーターを捕まえることができませんでした。. 第6章「ハリーポッターと謎のプリンス」では、ついにヴォルデモートを討つための具体的な方法が明らかになる。 このネタバレの前置きとして、「あらすじ」の中でダンブルドアとハリーポッターの個人レッスンが度々行われる。これは闇の帝王のルーツを探ると共に、彼を倒す方法を得るためのものだった。 しかし時を同じくして、ハリーポッターの因縁の相手でもあるドラコマルフォイもヴォルデモートの命によって暗躍する。 本章における最大のネタバレは2つ。 1点目は先ほど説明した闇の帝王を討つ方法。ヴォルデモートはかつて自身の魂を7つに分け、物体に保存して分霊箱を作っていた。 これこそがハリーポッター最大の謎であるヴォルデモート失脚のカギなのだが. ハリーポッター見るなら<U-NEXT> 知らないと損. See full list on d-kamiichi.

. ホグワーツで三大魔法学校対抗試合が行われることになりました。 「三大魔法学校対抗試合」とは、3つの魔法学校で集った立候補者のなかから、炎のゴブレットにより選ばれた各校の代表が戦うというもの。 しかしなぜか、参加資格のないハリーまで代表者のひとりとして、炎のゴブレットに指名されてしまいます。 辞退することができなかったハリーは、仕方なく三大魔法学校対抗試合に参加します。 同じくホグワーツの代表選手となったセドリックと同率1位の成績を収めたハリー。 ふたりで優勝杯を手にした瞬間、ヴォルデモートの父親の墓場へと瞬間移動させられてしまいました。 墓場ではヴォルデモートとその手下たちが待ち構えていて、友人セドリックは一瞬で殺されてしまいました。 ヴォルデモートを復活させるために、彼に打撃を与えた張本人・ハリーの血が必要なのでした。 ハリーは無理やり血を奪われ、ヴォルデモートがついに復活を果たします。 なんとか逃げ出したハリーは、セドリックの遺体と共にヴォルデモートの復活を魔法界に伝えるのでした。. 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』徹底解説 ─ あらすじ、小ネタからキャスト情報まで完全ガイド WIZARDING WORLD characters, names, and related indicia are (c) & (TM)Warner Bros.

j・k・ローリング原作、世界的ベストセラー小説『ハリー・ポッター』シリーズの映画版シリーズ第3作『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』()は、ファミリー. 。. U-NEXTって実はこんなにおトクだった↓↓ 1. ハリー ポッター 映画 あらすじ 当座のあいだ身を寄せる場所に、名付け親シリウス・ブラックの屋敷を思いついたハリーは、そこに行きます。 ロンがレギュラス・アークタルス・ブラックという人物の頭文字が「RAB」だと気付きました。3つめの分霊箱・スリザリンのロケットを盗んだ人物の名です。 分霊箱は7つあり、『トム・リドルの日記』はハリーが12歳の時にバジリスクの牙で破壊しました。2つめのマールヴォロの指輪は、ダンブルドアがグリフィンドールの剣で壊しています。 屋敷しもべのクリーチャーに聞くと、ロケットはまだ破壊されておらず、その部屋のお宝はみな、マンダンガス・フレッチャーが盗んだそうです。ハリーはフレッチャーを探して来いと命令しました。 クリーチャーは探して来て、ドビーと共にフレッチャーを連れてきます。 フレッチャーは闇市を摘発されそうになり、見返りに魔法省のアンブリッジに渡したと言いました。 ホグワーツ魔法魔術学校では新年度に入り、さまざまな変化が起きていました。 ダンブルドア校長に変わり、スネイプが校長の座に収まります。魔法省がヴォルデモートに乗っ取られている証拠でした。 ハリーたちはその魔法省に乗りこまねばなりません。スリザリンのロケットを手に入れるために、です。 魔法省の大臣を3人拉致し、変身薬で潜入したハリーたちは、裁判の最中のアンブリッジを麻痺させてロケットを手に入れました。 安全な場所へ移動したハリーたちですが、その際にロンが肩を負傷します。 ハリー ポッター 映画 あらすじ ハリー ポッター 映画 あらすじ 保護呪文で隠れた3人はロケットを破壊しようとしますが、どうやっても壊れませんでした。 ダンブルドア校長はどうして破壊方法をハリーに教えていないのかと、ロンが怒ります。また、残りの分霊箱が何かについても全く手がかりがなく、おかしいと言いました。 交代でロケットを身に着け、残りの分霊箱を探そうという話になります。 肩をケガしたロンを連れて「姿現わしの術」は使えないので、徒歩での移動になります。 これがさらに、ロンをイライラさせました。ロンはもっと効率的な宝の探し方はないのかと言い、ハリーも簡単に見つかるわけがないと反論します。 ハリー ポッター 映画 あらすじ ひとつ、ロンが気付いたことがありました。『トム・リドルの日記』をバジリスクの牙で破壊できたわけだから、バジリスクの牙でロケットを壊せるだろうというのです。これは大きな進歩でした。 しかしロケットを身につけると、ヴォルデモートの. 新学期が始まり、ホグワーツ魔法魔術学校の4年生となったハリー・ポッターは「炎のゴブレット」によって三大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれます。 ハリーは同点1位となる活躍を見せますが、最後にホグワーツのもう一人の代表選手であるセドリックト共に優勝杯を手にした途端、瞬間移動してしまい、その先にはヴォルデモートの父親の墓がありました。肉体を取り戻したヴォルデモートの配下の手によりセドリックは殺され、ハリーも危ういところでやっと脱出しました。 ホグワーツに戻ったハリーはダンブルドアにヴォルデモートの復活を伝えるのです。. .

あらすじ ハリーは夏休みをダーズリー家で過ごしていたが、相変わらずの意地悪な一家にうんざりしていた。そんなある日、ドビーという「屋敷しもべ妖精」が現れ、ホグワーツへ戻らないように警告する。しかしロンとハーマイオニーといっしょに2年生になった。やがて、校内で不気味な出来事が次々と起こり始める。。。 監督:クリス・コロンバス 161分. 映画『ファンタスティック・ビースト』のあらすじも時系列順に解説しておきます。 ちなみに、当初『ファンタスティック・ビースト』は全3部作になるという話でしたが、年10月になって『全5部作』であることが新たに判明しました。公開予定の続編映画については、判明している情報を載せておきますね(随時更新)。. ハリーポッターシリーズ第三作「アズカバンの囚人」をネタバレなしでご紹介します。 簡単なあらすじ紹介、キャストをご紹介、ネタバレなし感想の順番になっております。. 第5章「不死鳥の騎士団」では前述したように過去4作品でのワクワクするような雰囲気から一変、暗い印象へと早変わりしている。 「あらすじ」の中で最大のカギとなる存在は「不死鳥の騎士団」。闇の勢力に対抗すべく、かつてダンブルドアが率いた魔法軍団が再集結する。 しかしハリーは、彼を危険から守りたい大人たちの都合によって一切情報を知らされず疎外感を感じてしまう。 またハリーの方もアンチダンブルドア色へと染まっていく学校に対抗すべく、「ダンブルドア軍団」を生徒間で結成。闇の魔法使いに対抗する術を教えていく。 前章でネタバレした闇の帝王の復活によって、ハリーとあの人の妙な繋がりもより一層濃くなる。 お互いの感情や見るものまでがリンクし、それを利用されたハリーは窮地へと陥ってしまう。 そして、かつて幼かったハリーポッターが狙われ両親が殺される理由にもなった「予言」をめぐる争いが勃発する。 その内容は「ハリーポッターとヴォルデモートの一方が死に、もう一方が生き残る」という話になっている。 予告編↓.

ではハリーポッター映画の「あらすじ」を時系列順に解説していきます。 ハリーポッター映画の歴史は、年から年の10年間にも及びます。「映画を見る時間はないけど、ハリーポッターのあらすじくらいは知っておきたい」という人はぜひチェックしてくださいね。. ハリーポッターシリーズで描かれるメインストーリーは、ハリーポッター(主人公)とヴォルデモート(悪役)の戦いです。 赤子のハリーを殺し損ね、その上ハリーを殺すために唱えた死の呪文が跳ね返った闇の魔法使いヴォルデモートは瀕死状態でした。 どうにか死の淵から復活し、ハリーを再び殺そうと狙っています。 ハリーポッターはというと、ヴォルデモート率いる闇の魔法使いたち「死喰い人(デス・イーター)」の手から必死に逃れるうちに、ヴォルデモートを倒そうと思い始めます。 シリーズが進むにつれ、過去や弱点、情報を集めていく両者。 ハリーポッターVSヴォルデモート卿の戦いは、こうしてじわじわと進んでいきます。 軸となるメインストーリーがわかったところで、さっそく全8作品の簡単なあらすじ(ネタバレ)をみていきましょう!. 。 2年生の時には、ホグワーツ魔法魔術学校にある『秘密の部屋』が開かれる騒動がありました。その時もハリーはロンやハーマイオニーの助けを借りて、部屋を突き止めます。 途中、ハーマイオニーが石にされ、ロンの妹・ジニーが連れ去られましたが、秘密の部屋に辿り着いたハリーは、闇の王者であるヴォルデモートと戦い、撃退しました(映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』参照). ホグワーツ1年目が終わり、ダーズリー家へ帰省しているハリー・ポッターのもとにしもべ妖精のドビーが現れ、学校に行くのは危険だと警告してしますが、ハリーは学校へ到着、しかしそこでは問題が次々に起こってきます。 マグル(非魔法族)の生徒が次々に石にされる現象がおこり、ハーマイオニーまで石にされてしまします。魔法使いサラザール・スリザリンが作った「秘密の部屋」が何者かによって開かれたのではないかという疑惑が広がりました。 ハリーはヴォルデモートが学生時代にトム・リドルとして描いた日記帳を見つけ、秘密の部屋事件の真相を知ります。そして、秘密の部屋に乗り込み、ヴォルデモートと戦うことになるのです。. See full list on hm-hm. 映画『ハリーポッター』シリーズは、年から10年間にわたって公開された全8作品のことです。 スピンオフ前日譚(ぜんじつだん)として、『ファンタスティックビースト』(通称ファンタビ)も公開されていますが、これらはハリポタシリーズには含みません。 ハリポタシリーズ全8作品の公開順はこちら。 ハリーポッターシリーズでは映画内の時系列と公開順が同じなので、公開された順に観れば物語が理解できますよ◎ それでは、ハリーポッターの基礎知識と各映画のあらすじをご紹介します。.

映画「ハリーポッターと賢者の石 」を解説!あらすじやネタバレ感想も紹介!. 映画【ハリーポッターと賢者の石】あらすじを簡単にご紹介! ⓒWarner Bros. 第5作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(年) 6. ハリー・ポッターと秘密の部屋 の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォト.

ヴォルデモートの分霊箱を破壊する旅に出たハリー・ロン・ハーマイオニーでしたが、思うように旅が進まないことから3人の絆にひびが入ってしまいます。 一方、ヴォルデモート復活により力を強めた死喰い人(デス・イーター)たちによって、ホグワーツや魔法省は占拠されていました。 暗い闇の力が日に日に強くなっていく魔法界。 旅を続けるハリーたち3人は、ある時「死の秘宝」と呼ばれる伝説を耳にします。 死の秘宝とは、「死」から逃れることができる3つの秘宝のことでした。 それは、ニワトコの杖・蘇りの石・透明マントの3つ。 ハリーたちは、ヴォルデモートが死の秘宝を集めることで、さらに不死の存在に近づこうとしていると知ります。 そしてヴォルデモートは、死の秘宝のひとつである最強の杖、ニワトコの杖をダンブルドアの墓から見つけ出してしまったのでした。. 「ハリーポッターとアズカバンの囚人」では、極悪人シリウスブラックが逃げ出したニュースが「あらすじ」のカギになっている。 ハリーの初めての師匠ともいえるルーピン先生も登場し、物語は一気に闇の魔法使いたちとの闘いに近づいていく。 この章でキーとなるネタバレの数々だが、それはハリーの父とシリウス、ルーピン、そして後述するピーターの4人がホグワーツ時代の親友だったこと。 さらにシリウスは無実でピーターが罪を着せられたこと、そのピーターは10年以上もロンのネズミに扮していたことが挙げられる。 クライマックスでは彼がハリー達と対峙するが. ハグリッドのヒッポグリフでマルフォイが怪我をしてしまった件について、裁判が行われた。そして、ヒッポグリフは処刑されることが決まった。刑執行の直前、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は密かにハグリッドの小屋を訪ねる。 すると、そこにはハーマイオニーの飼い猫に食べられたと思われていた、ロンの飼いネズミのスキャバーズがいた。3人がスキャバーズを連れて城へ帰ろうとすると、そこに突然黒い犬が現れ、スキャバーズとロンが連れ去られてしまった。 ハリーとハーマイオニーはロンを追い、叫びの屋敷に到着した。そして、ハリーは黒い犬の正体がシリウスであることを知る。ハリーたちはシリウスと乱闘になるも、「忍びの地図」を見て3人を追って来たルーピンの仲裁が入る。 この後、ルーピンやシリウスの話を聞かされたハリーたちは、ハリーの両親の居場所をヴォルデモートに教えた裏切り者はシリウスではなく、ピーター・ペティグリューという人物であることを知らされた。 そして、スキャバーズはピーターが変身した姿であった。ピーターは、シリウスに殺された事にして今まで生き長らえていたのだった。. 。 今までずっと敵だと思っていたスネイプの本当の姿を知り、ハリーはショックを受けます。 またヴォルデモートを倒すには、自分が死ななければならないということも知り、動揺しました。 ロンとハーマイオニーは何を見たのかと聞きますが、ハリーは「森へ行く」とだけ答えます。 ハリーはネビルに、ヘビのナギニを殺すよう頼みました。(原作ではネビルも7月下旬に生まれた子で、ハリーと共にヴォルデモートを脅かす存在、となっている) 「私は終わる時に開く(死ぬという意味)」というゴールデン・スニッチを開きます。 中にあった黒い玉を握ると、ハリーを囲むように両親ジェームズとリリー、シリウス・ブラック、リーマス・ルーピン先生が見えました。 驚いたハリーですが、彼らはみんなずっとここにいたと答えます。 みんなが味方をしてくれていると知ったハリーは、死を覚悟しました。ヴォルデモートのところへ向かいます。 禁じられた森では、ヴォルデモートと死喰い人が待ち受けていました。ハグリッドが人質になっています。 ハリーはヴォルデモートの「死の呪い」を受けました。 (ここで「ハリー・ポッター」という、6つめの分霊箱が破壊されたことになる。しかしヴォルデモートが意図して作ったわけではないので、破壊されたことを知らない) 次の瞬間、ハリーは全面が白い場所へ移動します。キングズ・クロス駅に似た場所です。 椅子の下には、弱ったヴォルデモートの一部がありました。 ダンブルドア校長が姿を現し、君が望むなら帰れるだろうと言います。 ハリーは戻る(生き返る)決意をしました。現世に戻ります。 ヴォルデモートに命ぜられ、ドラコの母・ナルシッサがハリーに近寄って死を確認しました。 ナルシッサは小さな声で、ハリーに「ドラコは生きてるの?」と聞きます。 (ハリーが答えるシーンはないが、ドラコ生存を知ってナルシッサはヴォルデモートへ反旗を翻すことを決意、そして父・ルシウスも. はらはらドキドキがとまりませんでした! やっぱりこういうシリーズものは一気にみるのがおすすめです! U-NEXTなら無料トライアルでハリーポッター全8作とファンタビ1作を視聴できます。 トライアル期間1か月以内に解約する場合は一切料金がかかりません! (配信は年4月6日現在). 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(ハリー・ポッターとほのおのゴブレット、原題: Harry Potter and the Goblet of Fire)は、イギリスの児童文学 作家、J・K・ローリングが年に発表した、子供向けのファンタジー 小説『ハリー・ポッター』シリーズの第4巻。. 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(ハリー・ポッターとアズカバンのしゅうじん、原題: Harry Potter and the Prisoner of Azkaban)は、J・K・ローリングが1999年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの第3巻である。 年に映画化されている。.

)で、3校魔法対抗戦へとハリーを巻き込んでいく。 そして彼のもくろみ通りハリーを捕らえ、闇の帝王を復活させてしまう。 ちなみに今作ではハリーポッターの全シリーズを通して、初めて彼は「人の死」と遭遇する。本章の後半から一気にダークファンタジーのテイストを帯びてくる点にも注目だ。 予告編↓. スネイプは「それまでハリーを家畜のように飼育するのですか」とダンブルドアを責めますが、ダンブルドアは肯定します。 最後に、スネイプの守護霊はリリーと同じ、牝鹿でした。ハリーが分霊箱を探して放浪の旅に出た時、湖の下にグリフィンドールの剣が沈んでいることを教えたのは、スネイプでした. 新学期が始まり、「闇の魔術に対する防衛術」教授にリーマス・ルーピン、「魔法生物飼育学」教授にハグリッドが就任する。しかしハグリッドは、初めての授業をマルフォイに妨害されてしまう。 さらに、マルフォイはハグリッドが飼っているヒッポグリフという動物に怪我をさせられてしまったため、彼はハグリッドを責め立てた。 ホグワーツの3年生は、ホグズミード村へ行くことが初めて許可される学年だが、ダーズリー夫妻から許可証を貰い損ねたハリーは、村へ行けなかった。 すると、1人でホグワーツに残っているハリーのもとにロンの兄たちが現れ、ハリーに「忍びの地図」を渡す。これはホグワーツ城の詳しい地図で、村へ通じる秘密の抜け道が記されていた。 「忍びの地図」を利用して村を訪れたハリーは、ロンやハーマイオニーと共にパブ「三本の箒(ほうき)」へ入る。そこで、シリウスと自分の父ジェームズが親友であったことや、シリウスがハリーの名付け親であること、そしてシリウスが両親を裏切ったことを知り、彼に怒りを抱く。 その後、再び村へ外出したハリーは、スネイプに無断外出を疑われて詰問されるが、ルーピンに助けられて難を逃れる。しかし.

(年11月6日 12時10分30秒). 映画【ハリーポッターと謎のプリンス】のあらすじ【1/4】 ハリーの回想から物語は始まります。 去年の魔法省での騒ぎがきっかけで、 ヴォルデモートの復活 は世に知れ渡りました。. これが大まかな「あらすじ」になる。 この章の最大のネタバレ。それはクィレル先生が後頭部にヴォルデモートを宿した黒幕だったことだ。 結果的にハリー達はなんとか「賢者の石」を守り抜く。 予告編↓ ※音漏れに注意. 映画『ハリー・ポッターと賢者の石』あらすじ・感想 | ホグワーツ魔法魔術学校1年生は11歳で入学 ハリー・ポッターシリーズ第一作目。 魔法のアイテム「賢者の石」をヴォルデモートに渡さないためにハリーたちが奮闘。. See full list on 1ovely.

ヴォルデモートは自らの魂を7つの分霊箱に納めており、倒すには7つの分霊箱を破壊せねばなりません。校長と共に探し始めたハリーですが、その矢先にダンブルドア校長はスネイプの手にかかって死にました。 ハリーは校長の遺志を継ぎ、学校を離れてでもすべての分霊箱を探そうと決意します。ロンとハーマイオニーもハリーに協力すると言いました(映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』参照). ハリーポッター映画の全作品時間はどれくらい? 『ハリー・ポッター』シリーズのあらすじと見どころ 『ファンタスティック・ビースト』シリーズのあらすじと見どころ; ハリー・ポッター映画の歴代監督たち; ハリー・ポッター映画を無料で見る方法. 第4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(年) 5. 夏休み中にダーズリー家に帰省したハリーは、意地悪なおばさんの嫌がらせに耐え切れなくなり、魔法を使ってダーズリー家を飛び出した。その直後、ハリーは暗闇の中に大きな黒い犬を目撃する。行くあてのないハリーは、偶然現れたバスに乗り込み、ダイアゴン横丁へ向かった。 そして「漏れ鍋(もれなべ)」というパブに到着したハリーの前に、魔法大臣コーネリウス・ファッジが姿を現す。そして彼は、新学期が始まるまでハリーが漏れ鍋に泊まることと、外出はダイアゴン横丁のみにすることをハリーに約束させる。 夏休み最終日、ハリーはロン、ハーマイオニーと再会した。その夜、漏れ鍋でロンの両親の会話を聞いたハリーは、アズカバンという牢獄を脱出したシリウス・ブラックという人物が、自分の命を狙っていることを知る。.